TOPENDの湘南ツーリングに参加しました

今回はTOPENDの湘南へのショートツーリングに参加しました。大黒に集合で、海岸線を渋滞の中走りましたが、すごい目立ってましたね(笑)。江ノ島の島へ渡って食事して、逗子マリーナでお茶して、大黒に戻り解散でした。参加者のみなさん、お疲れ様でした〜

大黒〜 集合
前日にホイールが完成した
かっしー号
SHIMAさん号には
ケントくん
SHIMAさん号 じょんさん号
FUKUちゃん号 KAZUさん号
SHIGEさん号 ともやん号
じゅんさん号 ITAさん号
かっしー号 やなちゃん号
SHIGEさん号
リヤモニター
こんぐらいの距離
リヤスポイラーの真中の丸がモニターね 思ったより良く写るね
ITAさん号は
タイプRの内装
I'S-IMPACT
カーボンドアミラーカバー
I'S-IMPACT
カーボンピラーパネル
湾岸線には覆面が〜
ドアミラーが2つ付いてるの解る?
保土ヶ谷〜 料金所
ETC〜 朝比奈
信号待ちで別れたので待機 ずらっと
湘南〜 ずらっと
江ノ島〜 江ノ島〜
食事 豪華〜
逗子へ 人力車もビックリ
逗子マリーナ 逗子マリーナ
I'S-IMPACT
バンパー
カフェ
お茶中〜 出発〜
ともやん号にはネコが(笑) 写真撮影〜
こんな感じ ベイブリッジ
大黒〜 集合〜





あとがき

クラッチの繋がりが甘くなってきたので、クラッチ交換しました。NSXは純正ですでにツインプレートなので、そのまま純正に交換です。磨耗するとクラッチが重くなると言う事で、レリーズベアリングやフォークなども同時に交換してもらいました。そして、タイプR用のダンパーレスにしてみました。標準車にはクラッチダンパーと言うのがクラッチラインに入ってるため、切れや繋がりが滑らかになるようになっています。そこで、タイプR用のダンパーレスにする、ジョイントを付けると、カチっとしたしっかり感のあるクラッチフィーリングになります。クラッチ自体も早く切れるようになるので、タイプR用のクラッチペダルは、ボルト穴は同じだけど、アームの角度が違っててもっと奥寄りに着いていて、完全に踏み込んだ状態から、すぐにミートポイントがくるようになってます。逆に言うと、ダンパーレスにした場合、標準ペダルだと、クラッチが切れたあともストロークが残りすぎてる為、ストロークしすぎで使いにくくなります。そこで、クラッチストッパーを厚くして対処しました。画像にある、黒いガムテープに包まれてるのは、マフラーの吊りゴムです(笑)。これが、ドンピシャの厚みでした。これのおかげで、フィーリングはタイプR用ペダルと同じで、しかもペダルが奥に行ってないので、足も届きやすいし(スーパーローポジシートレールの為、これ以上前に移動しない)、なにより安上がりで出来ましたよ〜。これも、一つのやり方になるのではと思います。

ちょうど画像の中心の黒いのが、
ガムテープに包まれたストッパー
ダンパーレスはこの下の方ね




メニューページ 次ページ
inserted by FC2 system